《アメリカ予備知識①誘拐》アンバーアラートとは?見方や音もご紹介♪

Leeca

アメリカ人と国際結婚し、カリフォルニア在住中のアラサー主婦。 好きな食べ物はうめぼし。幼少期にはウ○トラの食べ過ぎから指先が常にピンク色であったため、母親に塩分摂りすぎ禁止令を出される。漬け物も論外。 自由になった今現在、アメリカの日系スーパーでのうめぼしコーナーのチェックは欠かせない。 美味しいうめぼし情報のお届けの予定はないが、 音楽や映画なども絡めたアメリカでの日常、それから自身の経験を基にきっと役立つ情報、なんかもお届けする予定。

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. アラフィフのCHIです より:

    こんにちは。

    つい最近、新潟で悲惨な事件があって・・・・
    今回読ませていただきました。

    7歳の女児を23歳男性が死体を遺棄しました。

    犯人は女児が住む近所にいたのです。(わずか100m)

    同じ近所に住む人は、この事件に驚愕。

    そんな殺人犯が近所に居た事。
    女児殺害の前にも、女児を連れ廻したりと前科があった事。

    口を揃えて「えぇぇぇ あの真面目な子が?」「挨拶するイイ子なのに」

    私、こういう事件が起こる度に・・・性犯罪者のマップあればイイなと。
    (その他の殺人もそうだけど)

    どうしてかな?日本・・・・被害者より犯罪者を守る国。

    今はSNSの普及で、TVではモザイクかかってる写真も
    SNSでは即顔写真も見たりするわけで、
    でもそれは誤報だったりもするわけで、信ぴょう性は無いともあり
    (北の国から風になってしまった)(古っ)

    FAMILY WATCH DOGじゃなくても、

    AMBER Alert あったらなぁって思うけど、
    日本じゃ浸透しないんだろうなぁ。

    だって緊急地震アラートやJアラート(瞬時警報システム)でさえも、

    うるさい!だとか ビックリした!とかのクレームがいくくらい。

    平和ボケって言うか・・・・何て言うんだろ・・・・・

    犯罪者マップ欲しいわ・・・・

    日本にあるのは「事故物件サイト 大島てる」があるくらい。

    そんな いらんわ! 
    (自分の住所 調べたけど(笑))

    犯罪者の住所や顔が分からなくても、
    犯罪犯した人には、チップを入れてGPSで見張って欲しいわ!

    • Leeca より:

      CHIさん、

      コメントありがとうございます。
      遅ればせながら事件の詳細確認しました・・・遺体を列車に轢かせていたとの情報も目にし、あまりの凄惨さに胸が締め付けらました。犯人は殺害から1週間もふつうに生活していたのことで、被害拡大の恐れもありえた訳ですし、やはり日本にもアンバー・アラートのようなものがあればと思ってしまいます。ただCHIさんのおっしゃる通り、日本では地震速報(アラート)のことも含め、いろいろと過剰反応がおきてしまうことは何となく予想できまますね・・・・。

      誘拐犯罪が日本より多いアメリカだからこそ、Family watch dog/アンバー・アラートが実践的で生活に根付いているということもあります。仮に日本で施行するとなると果たしてどれだけの予算が必要になるのか分かりませんが、「地震大国だから地震速報(アラート)は分かるが、誘拐大国でもない日本での浸透は難しいだろう」なんて声が出そうな。そうはいっても、日本でだって誘拐⇒殺人(長期監禁)などの重大犯罪だって現に起きてるわけで。毎年何かしらの事件は起きているわけなので、国にももっと対策を練っていただきたいものです・・・・・が!私たち一人一人も当事者意識をもって、もっと危機感(子供を持つ親御さんしかり)を高めていく必要があると思います。

      なんだか往きづらい世の中になってきていますが、できることをしながらより良い未来へと前進していきたいものですね。

      P.S.「大島てる」はぶっちゃけいりませんよね!? 【理由:知らぬが仏(あったら調べたくなりますもん。笑)】

  2. アラフィフのCHIです より:

    うわ

    長っ。

    読みにくくて、ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です