【2017年】アメリカ フィアンセビザの取得①請願

Leeca

アメリカ人と国際結婚し、カリフォルニア在住中のアラサー主婦。 好きな食べ物はうめぼし。幼少期にはウ○トラの食べ過ぎから指先が常にピンク色であったため、母親に塩分摂りすぎ禁止令を出される。漬け物も論外。 自由になった今現在、アメリカの日系スーパーでのうめぼしコーナーのチェックは欠かせない。 美味しいうめぼし情報のお届けの予定はないが、 音楽や映画なども絡めたアメリカでの日常、それから自身の経験を基にきっと役立つ情報、なんかもお届けする予定。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 川口繭子 より:

    Leecaさん  突然のメール、失礼します。私、川口繭子(Mayuko)と申します。  
    分り易い内容でチェック項目の役に立っています。ありがとうございます。 これから彼と作業を始めるのですが、以前他国に滞在していた際のPolice reportについて教えて頂けますか? 

    • Leeca より:

      川口さん、

      この度はご訪問いただき、どうも有難うございます。
      少しでもここでの情報がみなさんのお役に立てれば、なによりです。こちらこそ有難うございます。

      なるほど、警察証明についてですね。

      まず、今住んでいる国&16才以降に“6ヶ月以上”住んでいた“すべて”の国からの警察証明が必要です。

      個人的な体験をお話しますと、私の場合は約1年ほどカナダに留学していたことがあるので、日本の他にもカナダから警察証明を取得しました。

      基本的に、居住地を管轄する警察当局で証明書を直接申請する必要があります。ですから、私はカナダの警察が指定するサービスを利用して取り寄せる形になりました。(※詳細はこちらの記事をご参照ください)

      国によって警察証明を取得する方法なども異ってくると思いますので、その場合は各国警察当局のサイトなどで情報を確認してみてくださいね。
      アメリカに6ヶ月以上滞在していた!って方はどうやら証明書は不要とのことです。それもそのはず、向こうは既に情報を照会できますもんね^^;

      ・・・・とこんな感じでございます。お役に立てれば幸いです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です